aijinkeiyaku6愛人が欲しいからと言って、愛人契約サイトを利用している人もいると思います。確かに、愛人契約サイトを利用すれば、周囲に自分達の事を知られる事なく、愛人関係が成立するかもしれないですよね。

ですが、愛人作りと言えど、愛人契約サイトには、注意すべき点も、もちろんあります。まず注意しなければならないのは、相手が愛人と援交を混同しているケースです

このケースは、男性側でも、女性側でも双方に言えるものです。例えば、愛人契約を要求している女性が、愛人契約サイトで愛人募集の男性と肉体関係を持ったとします。

その際に、男性側が、愛人と援交の区別がはっきりしていない場合、お金を支払って、1度限りのセックスをするだけの関係で終わってしまいます

逆に、愛人募集をした男性のところに、愛人と援交の区別がつけられない素人の女性がアポをとってきたとします。当然、女性側は囲われる事を拒み、1度きりのセックスしか考えていない場合も大いにありえます。

いずれのケースにしても、それぞれが要求する相手との愛人関係を築いていく事は不可能だと言う事がお分りになるかと思います

一般的な愛人契約サイトを利用して相手を見つけるのなら、そのような不理解も、想定内の範囲として考えていく必要があります。

相手がどれふど愛人と言う立場に関して、理解して認識しているのかどうかを予め調べておく事も、実際は必要不可欠だったりします

でも、もしそういう事が煩わしく感じるのなら、初めから愛人経験のある女性を探す事をおすすめします。

aijinkeiyaku5愛人とばれない交際を続けるためには、二台の携帯電話を使い分けることをお勧めします。片方の携帯電話だけに有料の出会い系サイトや、愛人とのメールを集中させましょう。

もちろん、無料の愛人契約サイトでも愛人を見付けることは出来ますが、セキュリティなどの確実性を求めるのなら有料愛人契約サイトです

もちろん、携帯電話を二台持ったり、有料の出会い系サイトに登録したりすればお金がかかります。しかし、それをしぶるような、ゆとりの無い人には愛人契約は向いていないと言えるでしょう

背伸びして契約をしたところで、すぐにボロが出ます。上手く契約していて割り切れていれば何も起こらなかったことが、そこに気を抜いてしまったことで大きなトラブルになる、ということはよくあります。

愛人契約をする前に、まずは自分の羽振りを考えてください。もう一つ愛人契約を上手く行うポイントがあるのですが、それは情を移さないことです。情が移る前に、契約は手早く解消してしまいましょう

情によってずるずると関係が続くと、非常にリスクが高くなるのです。どちらかが本気になってしまえば、愛人契約は終わりです。そこから揉め事になると、もう取り返しが付きません。

誰かに悩みを打ち明けたところで、「それはお前が悪い」と言われてしまいます。トラブルの芽は、早く摘むに越したことはありません。

aijinkeiyaku7あなたが実際に愛人契約を結べるまでの流れをシュミレーションしてみましょう

この記事を読まれる方は、こんな感じで都合よくいくのかよ本当に、といぶかるかもしれませんが、これがうまくいくのが愛人契約サイトの本領です。要するにすごいところなのです

ただ、シュミレーションを行う前に必須項目として理解してほしいのは、愛人契約を結ぶためにはしっかりとしたメールでのコミュニケーション能力と心の余裕、それから相手に対する気遣いと深い愛情が欠かさず必要になるという事です

特に、相手の気持ちを考えずに自分の都合だけで行動すると、必ず相手に悪い印象を与えてしまうのでく れぐれも注意してください。

さて、サイトを利用して愛人とお知り合いになろうとする際、なにはともあれ必ず必要になるのが、相手にアプローチをかけるための メールです。

素敵な巡り合いというのは例えば漫画のなかのそれのように、何もしなくても気軽に向こうからやってくるものではありません。

そして、相手のプロフィールなどもよくかみしめて狙いを定めてメールを送った相手と、念願かなってお知り合いになれたとしま す。

相手がもしも一時的な愛人契約を望んでいるのであれば、その都合に合わせるようにしてくださ い。また、二人で実際に合ってリアルデートをしようとする時も、必ず相手の都合を最優先に考えてあげてください

それが愛人のパートナーとして一番求められることです

aijinkeiyaku8ネット上の掲示板に、愛人契約の掲示をすると、あなたにメールが届くと思います。それ程愛人契約希望者は多いということです。しかし、少し立ち止まって考えてみてください

そんなに多くの愛人を持つことができますか。たくさんメールが届いたからといって、全員と愛人契約を結ぶことは不可能でしょう。そこで、まずメールをよく読んでください

そして、生身の相手がどんな人か見定めることが必要です。メールには、その人の人となりが出るものです。あなたの希望に合った人を選ぶ必要があります。

そして、多くても3人くらいの人とメール交換を重ねていきます。そうするとさらに相手がどんな人か分かるでしょう。実際に会うよりも、メールには人柄がでるのです

もちろん本物以上のメールテクニックを持っている人もいますので、メールだけが頼りになるとは言い切れないのですが、それはそのときのことです

フィットする相手がいなければ、再度掲示板に募集掲示を出せばいいのです。当然ですが、掲示板は、単なるプロフィールを書き込むだけではなく、あなたの魅力をアピールしてくださいね。

aijinkeiyaku9周囲に知られないようにして愛人契約サイトを活用し愛人を求める時には、様々な点で気をつけなくてはなりません

特に出会い系の場合は相手は完全な素人女性ということになりますので、予め自分の置かれている状況を相手にしっかりと認識してもらわないと、あとでトラブルの素になるといえます

例を挙げるのなら、突然職場に押しかけたりするなどが実際にあった事です。愛人が職場に訪れて冷静に対処できる男性は稀でしょう。

それからの展開を想像すると大事になることが予想できますが、そんなことにならない様に、愛人契約を結ぶ前にきちんと相手と話し合うことが重要です

仮に相手が愛人契約のプロならば、そのような必要はありませんが、フリーターをしていて割りのいい仕事を求めて愛人を希望している場合は注意が必要です。

素人相手のケースでは、金銭面などを始めいくつかのルールを決めておいたほうが安全だと思います。

絶対に必要なルールとして落ち合う場所と金銭面は、周囲に関係を知られない為にしっかりと互いが納得できるルールを決めておきましょう。

出来れば自分の会社や生活圏から距離のある場所で落ち合うようにした方がいいでしょう。特に金銭面に関しては、きちんとしておかないとトラブルの原因となりかねません。あと絶対にしなければならないのが避妊です

避妊もトラブルになりやすく、妊娠したと偽り金銭を要求するケースも存在するので注意しましょう。素人の女性と愛人契約をするにはメリットもデメリットもあるので注意が必要です

aijinkeiyaku10愛人を周囲の目を盗んで作る為のには、インターネットを活用することをオススメします。「愛人募集」もしくは「愛人契約」といった言葉で検索をかけると、多くのサイトがヒットします

それらのサイトの中には無料のモノや有料のモノまで数多く存在します。 無料の愛人契約サイトの場合は、本当に素人の女性と出会うことが可能です。

また会員制の有料サイトで愛人契約専門のサイトを選ぶとプロの女性と契約することになります。 愛人のプロとは何かと疑問に思うかもしれませんが、つまり愛人経験のある女性ということがいえます

愛人経験がある女性の方が、勿論サイトによって異なりますが比較的美人が多いと言えます。やはり愛人は見た目に拘るという人なら、プロがいるた愛人専門のサイトで相手を探してみるといいと思います。

しかし、その分支払い金額が高額になることはきちんと理解しておきましょう

無料サイトを活用して素人の女性を愛人にする場合なら、プロとは異なり安くあげることが可能だと言えますが、容姿に関しては高望みはできないと言えます。

さらに愛人といっても長期的サポートをして女性を囲いたいのでなければ、出会い系サイトで割り切りの一夜限りの相手を見つけるほうがいいと言えます

下手に関係を継続するとトラブルの素になるだけですし、お金を払いたくないと身近な女性とお付き合いをすると見つかるリスクが高くなるのです。

秘密がバレないように愛人を作るには経済的なゆとりがあり、安全な相手をお金で選べるくらいになってからがいいと思います

aijinkeiyaku2愛人契約サイトを利用する人は、どうして愛人契約をするのか?その理由はさまざまですが、主に人妻などは暇つぶしだという話をよく聞きます

彼女たちは仕事をしていないので遊ぶ時間はたっぷりあれど、旦那は仕事や浮気に一生懸命なのでしょう。そして仕事をしないというのは、金銭的にも余裕があるということでしょう。

そのような人妻は、愛人になりやすい傾向にあります。そしてこのような人妻は楽しめれば逆にお金を出すこともあるので、人妻と中心に遊んで小遣いをもらい、生計を立てている若者もいるくらいです

と言われても想像できないと思いますが、実際にはどんどん増えており、逆愛人契約のようなおいしい話が意外と出会い系サイトには転がっているのです

ではそのようなおいしい話にありつく為のコツを少しお話しましょう。まずは、人妻で愛人契約できそうな人を探せるサイトを見極めることです。

それには口コミや評判などを見て、コレと決めたサイトではしっかりとやり取りする事が必要です。もちろん複数サイトに渡ってもよいでしょうが、一度にたくさん手をだすとどこかに穴が開いてくるものです

次に人妻と知り合いになれた後は、相手の要求や好みに合わせて責任ある行動をすることが最重要事項になります。

もちろん肉体関係のことが中心にはなると思いますが、男性と違ってそれ以外のコミュニケーションを重んじる女性が相手なので、一緒に食事をしている時や趣味の話など、幅広い分野で彼女のリクエストに答えていくことが必要です。

人妻はいくつになっても女性であることを忘れずに、セックスの話ばかりだと身体目当てだと思われてしまうので、あまりいい印象を与えなくなります。

場合によってはセックスを求めていない女性もいる事を忘れないでください。

彼女たちは満たされない体はもちろん、心に寂しさを抱き、そこを埋めてくれる人たちにお金を払うのですから、謝礼のためと思えば簡単なことです

最後にお金持ちの熟女のイメージが大きいかと思いますが、それを露骨に批判したり「おばさん」扱いはご法度です。

彼女たちの心情をよく理解して、夜遊びを繰り返している少女たちと同じ感覚で付き合うことが必要です

そして悩み相談などはしっかりと受けて、自分は支えて上げられる男性なんだと胸を張って彼女たちを迎えてあげてください。

そうすればアナタの身分や見た目、お金を持っているかなどは、彼女たちにとってまったく関係のないことになるでしょう

aijinkeiyaku1上手く相手の要望に応えることは、愛人契約を長く続けるためには欠かせません。この相手とは、本妻と愛人の両方を言います

どちらとも円滑に過ごすことで長く続き、逆にどちらかが上手くいかなければ両方ダメになります。例えば本当に仕事やそれに付随する付き合いで帰りが遅くても、浮気は疑われてしまいます。

そんな状態では愛人契約など続くわけがありません。本妻から疑われないためには、本妻との関係が良好である必要があります

もちろん、愛人からの要望も、「結婚して欲しい」というもの以外は出来るだけ叶えましょう。ばれてしまうようなリスクをおかす必要はありませんが、満足させるのはとても大事なことです。

もし愛人という立場が相手にとって不満のあるもの、つまらないものになったら関係は破たんします。

これらを考慮すると、金銭的な余裕は当然のこと、私生活にある程度ゆとりがあり、懐の深い男性でなければ上手くいかないということが分かります

二人の女性を満足させるということは労力になりますし、それだけの負担を抱えなければいけません。無理をすれば、いずれメッキがはがれてボロが出るでしょう。

きちんと中身のある、度量のある男でなければ愛人契約を続けることは難しいのです

aijinkeiyaku3その存在の善悪は別の話としても、愛人と呼ばれる人がいることをご存知だと思います。

愛人契約なんて、不純な関係でしかないと思う人が圧倒的に多いでしょうけど、「自分は不純な愛人ではない」と主張したい立場にある愛人もいます

愛人という言葉の意味を考えたとき、どちらかは家庭を持っていることが前提の関係ですよね。ですので、「愛人になりたくてなったわけじゃない」と言いたい人もいるわけです。

つまりは、好きになった人、愛した人にはすでに家庭があって、それでも関係を持ち続けたいから、“愛人”という存在になっているだけだ、ということなのです

ですが、「愛人契約なんて」と存在否定をする一般的な考えの人たちの頭にある“愛人”というのは、お金で成り立っている関係性の愛人ではないでしょうか。

つまりは、お金で愛人を持とうとしている人にすれば、例えばよく利用しているクラブのお気に入りの女性・あるいは男性に、毎月決まった報酬を渡す変わりに、愛人になれ・・・ということになっているのです

好きで愛人契約をしたわけじゃない場合ですと、一方の家族に隠れて会うことしかできない虚しさがあり、その不満は必ずと言っていいほどどこかで爆発して、何かが誰かが犠牲になってしまうという最悪なこともあり得ます

ですが、お金で成り立っている愛人契約は実にドライで、何かしらの実害が出そうな場合は、割と簡単に関係を清算できるのです

ですが、お金で成り立っていたはずの愛人契約に、いつしか本当に愛情が芽生えて・・・ということもありますから、いずれの愛人関係であっても、必ずしも何の害もなく関係を続け解消させるというのは、無理なことのようです

aijinkeiyaku4周囲に露見せずに愛人契約をするには、相手選びの段階で気をつけなければならいことがあります。それは「自分の人間関係に接点のない相手」を探すことです

出会いとなると、どうしても友達や、友達の友達・・・といったように、何かしらの知人を介してしまうものですが、当然リスクは高まります

しかし、当然のことながら、どんなに遠い知り合い、違う部署、お得意先、と距離をとっても、露見するのは時間の問題です。ですから、自分から可能な限り遠くの相手と愛人契約するのが、理想的だといえるのです。

そこで、活用したいのが出会い系サイトや愛人契約専門サイトなどです。何も知らない相手に対して、1から信頼を得ていくのは難しいという意見もあります

しかし、あくまで「愛人だ」」と割り切っている関係であるから、割り切った関係を固辞できるという点で、安全性があります。

また、自分の人間関係から見つけた愛人であれば、だんだんと愛人関係から目的が変わりやすいという点でも、リスクをはらんでいます

「愛人に離婚を迫られる」、というのもよくあるシチュエーションであり、奥さんが「強く目障りだと感じるようになる」からこそ、起こる問題です。

こうしたリスクを加味すると、やはり、可能な限り自分の人間関係に接点を持たない、遠い存在の人と愛人関係になることが理想的といえます

その他にも、愛人サイトで知り合った相手であれば、愛人としての契約を既に経験している相手に遭遇することもありえます。

すると、失敗や効率を既に知っているという点で、普通の女性を愛人にするよりも、身に降りかかるであろう問題を回避できるようになります

いかに、自分の今の生活を維持しながら、人間関係に歪みを持たずにいられるか。それが、愛人を持つ際に必要な考え方です。

ページ上部に